スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人でも田植えはできる!

記念すべき人生で初めての、

自分の田んぼで田植えが終わりました。



思い返せば、鳥に種もみを食われ、あせった事もありました

-が、苗床は歯ぬけながらも、順調に育ってくれたんです。


鳥に食われた跡がわかるw

鳥に食われたところはすぐわかってしまうほど(笑)



自然農のパイオニア的存在である、川口由一さんの赤目塾で勉強した苗床ですが、

ボクなりのオリジナルテイストも加えてあったんですよ~

それは、モグラ除けに掘った周囲の溝に、水を入れて水路にしたのです。

水の入る道を作って、一定量たまると抜ける道も作った。

これは、梅雨入り前の暑い熊野の初夏の気候で、苗が水分不足に陥ってるように見えたからやりました。

なんの根拠もないんですけど、そう見えたんですw

日々の観察から生まれる直感。

苗と心を通わせた感覚。。。

我ながらゾクッとくる瞬間です!

こうしてできた苗

いい苗になってれた

苗箱でやるともやしみたく細い苗にしかならないんですが、平べったくて分結もよくガッチリ太い苗に!!

実験で苗箱も2箱作ったんですが、それは結局使わなかった。。

写真のように、苗がうまくできたので、一本植えにしました!




地元の方やIsatoのリーダーに教わって、自作した田んぼの線引き道具

自作しました

こいつで苗を植える場所を線で引くんですが、これがまた難しかった。

田んぼが区画整理されたようなものではなくて、昔からある棚田なので、

まっすぐな場所がなくて、何もないところにまっすぐ線をひくって相当難しいのです。

結局、田んぼのラインに沿った、ウネウネカーブしたラインになっちゃったんですが・・・



それでも

仲間が手伝いに来てくれて、楽しみながら田植え出来ました!

田植え


田んぼには、ゲンゴロウ・どじょう・アメンボ・イモリ・糸ミミズ・ヒル・アオダイショウ・ヤゴなど生き物がたーくさん!

足はえてるやん


ぴょこんにちわ


楽しんでいる内に、あっという間に終わってしまいました。(と、言っても遊んでたりして3日かかった)

それもこれも、手伝いに来てくれた仲間がいたから!

ほんとーに感謝です☆

仲間とよく話していたんですが、田んぼに入ると自分の足から養分を得ているのか、なんなのか

疲れるはずなのに、田植えをやればやるほど、元気になっていくという驚くべき事実が判明しました!

田植え、おそるべし。



植えたどーー


田んぼは2枚で、大きい田はトヨサト。小さい田は、赤米と黒米と陸稲(トヨハタ)です。

この違いが楽しみです☆


初のmy田


これで、終わりじゃないんですけど、ね。

今日、見に行ったらもう雑草が生えてた!!

草取りや水の管理や獣害対策などは、ひとりでやるしかない。

収穫祭に集まろうと誓ったので、それまでの管理は頑張らなきゃな~



ボクの人生の中で、あと何回田植えができるだろうか?

30回?40回?いや、50回やっちゃうか?

毎年、新たな発見があるといいなぁと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。