スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北沖大地震について 【情報拡散希望】

地震・津波による被害が宮城県・岩手県を中心に太平洋沿岸部に出てしまい、

新潟・長野北部でも夜明けごろに地震がありました。

中部電力によると、現在で長野県飯山市と野沢温泉村の計325戸が停電しているということです

ここ熊野市でも、電力供給の必要性から節電を心がけるようにします。

福島原発では放射性物質による被害が心配です・・

外出する際は、情報を把握して風向きなどにも注意が必要だということです

【地震情報】

TVが見れない方、海外の友人などにユーストリーム等ネットで災害情報が得られますので、拡散願います

http://www.ustream.tv/channel/fc2mh3
この放送主は中学生とのことです!
この映像は下記のNHK配信によるユースト以前から配信され、
世界各地から賞賛の声が上がっており、ネット放送の有用性が一人の中学生によって証明されたことになります

NHK配信(音声・画像はこっちの方が優位)
http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv

ララスト
http://twitcasting.tv/lalastream

Google では、本日起きた地震のあと、連絡のとれない家族や友人がいる方のために、Google Person Finder というツールを提供しています。

http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

宮城県を中心にした避難所まとめ PinQA(ピンカ)

http://pinqa.com/hinanjyo

都道府県別、災害救援情報まとめサイト

http://savejapan.simone-inc.com/



いまだ停電されている地域にお住まいの方は
二次災害を避ける為に必ずメインのブレーカーを落として下さい。

阪神淡路大震災では電線がダメージを受けたまま
電気が復旧したときの二次災害で多くの方が
命を落とされているようです。

電気が復旧した時が一番危険なのだそうです。

被害が最小に収まる事を祈ります



***************【追記】************************************

福島の原発の情報がなかなか更新されません。
もしものために、原発震災に関する情報をシェアさせてもらい
ます。


原発震災が起きたら、トロロ昆布をすぐ食べよう
「放射能で首都圏消滅ー誰も知らない震災対策」 三五館から
引用します。
----------
首都圏に飛んでくる放射能で、特に症状が出やすいのは、放射
性ヨウ素による甲状腺異常です。
体内のヨウ素は70~80%が甲状腺にあるため、放射性ヨウ素た
体内に入ると、甲状腺に集まって、
やがて甲状腺ガンを引き起こします。特に、若い人の発がん性
が高くなります。
 
「甲状腺ガンから身を守りたい」
チェルノブイリ原発事故で甲状腺の異常が増えて、甲状腺ガン
が20年経っても減らないことは前にお伝えしたとおりです。
これに対する対策は、放射能を帯びていないヨウ素を先に体内
に取り入れて、放射能が飛んでくる前に甲状腺をヨウ素で飽和
させておくことです。
  
体内に取り込むヨウ素は、一定量以上になると蓄積できずに排
泄されるので、それを利用して放射性ヨウ素の被害を避けるこ
とが出来ます。
もちろん、第一の対策は防塵マスクで放射能を体内に入れない
ことで、これが最も重要ですが、さらに防御する意味で、日常
的にヨウ素を多く含んだ食品を食べるように意識しつつ、放射
能の危険が迫ったら、間に合うようにヨウ素をとれば有効な訳
です。
    
   「手っ取り早く」はヨウ素剤
ヨウ素を体内に取り込むのに手っ取り早い方法は、ヨウ素剤で
す。服用のタイミングは、放射能に襲われる直前がベスト。被
ばく後でも3時間後で50%の効果があるとされています。
原発から半径8~10Kmの自治体では、法令に従って、錠剤のヨ
ウ素剤を備蓄しています。
それ以外の地域では備蓄していないので、前もってインターネ
ットで販売されている物を買っておきましょう。小さいお子さ
ん用に、液体状にして飲めるキットも売られています。
ただ、ヨウ素に過敏な体質の人は、錠剤を飲むと発疹などの副
作用が現れることがあるので、用量、用法には注意が必要です

   
   「食品で取るならトロロ昆布」
食品でヨウ素をとるなら、副作用の心配はありません。特に多
くヨウ素を含む食品は昆布で、ワカメの4倍くらい多く含んで
います。
普段から、昆布などの海草類をよく食べるようにすると共に、
原発で事故が起こったと知ったら、食べやすいトロロ昆布など
を多めに食べるのが、無理のない、健康的な対策です。
トロロ昆布は、乾いたまま一度にたくさん食べると腸内で膨張
して危険なので、お吸い物などに入れて食べましょう。
   「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
    乾燥昆布一切れ1枚1グラム
    トロロ昆布大さじ販売1グラム
    乾燥ワカメ5グラム
    いわし中2匹96グラム
    さば1切れ100グラム
    かつお1切れ100グラム
    焼き海苔10枚3グラム
    ぶり1切れ80グラム
    塩鮭1切れ60グラム
    寒天1角の半分4グラム
   
  
※万が一の時にはまず、防塵マスク、ぬれタオル・ハンカチで
口鼻を覆って、吸い込まないように。
    -----------以上です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シャンティさんがおられる熊野が無事ということで、
私も安堵いたしました。
コメント、ありがとうございました。

本当に、今もまだ悪夢であって欲しいと思っています。

信じられない・・・。

私のようにテンパっていてはダメですね、
何かできることを探さなければ。
シャンティさんが掲載して下さった情報、
そのまま私のブログにも転載させて頂いてもかまわないですか?
私もブログタイトルをなるべく工夫して
できるだけ多くの困っている方々にご覧頂けるようにしてみたいと思うのですが。

原発が恐ろしいことは、とっくにみんな知っていたはず。
知りながら、それでも電力に頼らざるをえない日々を改めることができず
遠い他所の土地に責任を押し付けてきた自分がいます。

胸が苦しすぎます。
他人事なんて、全く思えません。。。

本当に夢であって欲しいと思います・・・

もちろん転載して頂ければ、ありがたいです

ご心配ありがとうございます

原発・・・リンクの一番下に中国電力による上関原発事業への意見などが記載されているサイトへいけるバナーがありますので、宜しければご確認ください。

電気は原発に頼らなくても良いのではないか?
メディアに流されず、消費者自身が考えていこうという情報があります。

放射性物質による被害が出てから考えるでは遅いということを
こんな形で思い知らされるとは・・・

直接的ではなくともこれからガソリンの供給不足などによる
悪影響が予測されますね。

さとりんさんも、ガソリンや食料の備蓄を予防的におこなってくださいね

【危険】 放射能放出されたようです!!

福島原発の状況ですが、正確な情報は原子力資料情報室から入手できます。
http://www.cnic.jp/

******以下転載************2011/3/12 10:40:06

福島第一原発1号炉で計画されている,格納容器の圧力を下げるための放射能放出は「重大事故」のレベルになることが明らかになった.

NHKラジオでは,10km圏内の被曝線量は20-50mSv(ミリシーベルト)になると保安院ら試算していることを伝えている.これは,一般人の年間の制限値である1mSvの20-50倍に達する.

第二原発でも,1・2・4号炉の圧力抑制プールの水の温度が100℃を超え機能喪失しているために,放射能の放出を行なう模様.

******以上****************:

ヨウ素について、いろんな方からの有用な情報が聞かれます。
甲状腺に放射性のヨウ素がたまると濃縮します。
放射性でないヨウ素を取り込むことで防げます。
お子様に優先して飲ませてください。大人は効果うすいそうです。
イソジン三てきでも代用できるそうです。
とろろ昆布、日高昆布、わかめ、、焼き海苔、玄米、味噌といったものを食べろと。


No title

怖い・・・!!!
いよいよ、メルトダウンが始まっているらしいしのに、
住民の避難が8割程度しか済んでいないらしいですね。
いよいよ、こんな事に!

どうなってしまうんだろう・・・
食い止められるんだろうか・・・
こんなこと、想定していなかったとでもいうのだろうか・・・
今、テレビに出て話している原子炉の専門家は、
「こんなことになるなんて、私は想定していなかったです」と言っています。
驚く通り越して愕然です。

気が遠くなりそうです・・・

僕たちにできること

ありきたりですが、もの凄く大切なのは心から祈りを捧げる事だと個人的に思ってます。

他は、物資の支援やボランティア活動に係る交通手段の問題もあり、落ち着くまではお金での支援ということになりそうです。

世界中が見守る中、最悪の状況にはならないように、政府関係者の方々が尽力されてます。
こうなるまで原発を放置・容認したことは僕らにも責任があるので、国や電力会社だけを責めることはできませんよね。
とにかく今の状況を無事に切り抜けて欲しいと願うのみです。

海外からの応援メッセージも多数届けられているようです。被災者の方に届き、少しでも支えになればいいですね。

お金での支援方法は下記サイトでまとめてくれています
http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162

海外の友人・知人へは下記サイト
http://www.worldvision.ca/give-a-gift/Pages/Pacific-Tsunami.aspx

日本は様々な自然災害から立ち直ってきた過去があります。
今も一団となって、この危機を乗り切りましょう!

プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。