スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小船 梅まつり 25周年

昨日は危ぶまれていた天候でしたが、奇跡的な快晴で暖かな春の陽射し・・というか夏日でした!

天候で来客数の半分ほどは違っていたのではないでしょうか?
お陰さまで来客数は例年通りか少し多めという結果

小船地区は10世帯、人口22人の小さな村で、
雄大な熊野川と静かな時の流れを感じる日常ですが、
昨日は大勢の人で賑わっていつもと違った、非日常の風景でした。 (写真クリックで拡大)

お日柄も良く・・・梅の園開始前の静けさ音チェック中のPA係O氏
リハで心を掴む歌声を持つ矢中鷹光さん紅白共演天使のようだ妖精のようにも


出店は地元物産から、小船といえばの代名詞、梅干し(白梅、赤梅、小梅)
よもぎ入りが美味しいささびのコンニャク
なれずし交流会でワークショップの講師をしてくださった方のなれずしや地域の方々が手塩にかけて作ったおでんやなます、おにぎりまであり、紀和ふるさと公社の販売する品々などが立ち並んでいました

地元の物産販売売り切れ続出!小船の梅干し
ささびこんにゃくよもぎこんにゃくとの色合いがナイスなれずし~




外部から出店に来てくださったのは、
かわいいフェルトのおもちゃを扱う熊野共和国さん、
高波動物質を使用した、使っていて気持ちの良い陶器を焼く入鹿窯さん、
シルバーや民族調のアクセサリーを扱うシャシャマニさん、
うなぎのかんばやしさん、サンマ鮨の茂丸さんなどなど多数!

ボクはアフリカン太鼓チームISATOのデビュー戦と天女座ブースの販売員を掛け持ちしていたので、
写真を撮る暇がなかったです・・・書ききれなかった皆様ごめんなさい
販売のお手伝いをしてくださったB&G海洋センターのNさん、
本当に助かりました☆ありがとうございます!!


さて、踊りの祭典

まずは、民謡から!

高齢者の多い地域ですので、炭鉱節など懐かしい音楽が流れれば自然と身体が動き出すのか、

たくさんの方が輪(和)になって踊っている姿が見れました!ヤッター☆

レッツダンス!シャルウィーダ~ンス!!

堂城氏率いる民謡踊り集団民謡①民謡②気合いの入ったソーラン(紀州舞踏隊)


緑のセーターのDさん80歳とは思えないほどの働きっぷり。
観衆を踊りの輪に誘ったり、曲にまつわるエピソードを面白おかしく語ったり、見事なMCでした
新宮にお住まいのDさんは日本各地に赴き民謡を教え、普及活動をしているそうです

民謡とは日本のトラッド(伝統音楽)のひとつですよね
話は変わりますが、ISATOではアフリカの伝統に基づいた演奏方法を追及していて、
なおかつ、現代的な音楽との融合を試みた曲調も同時に追求していて、そこに感銘を受けました!
ボクが以前から演奏するディジュリドゥと一般的に呼ばれる楽器は世界最古の木管楽器であり、
アボリジニやアイヌなどの伝統音楽には欠かせないものです。
アボリジニは文字を残さず、教えや生活の知恵、狩猟採集の技術を伝統音楽とダンスで表現して後世に伝えます。
その精神性の深さや音色に魅せられてディジュリドゥを演奏しているのですが、
民謡もそういった精神で伝えられているものもあって、その意味を理解したうえで踊りや唄を楽しめる事が出来れば、楽しんでいるうちに教えを学ぶことができる、その価値の見直しが地域おこしに繋がるのでは?といったお話しをさせてもらったら、Dさんも同じ思いだということで、二人で感動していました。
・・・まつりと関係ない話、長くてスイマセン


まつりでは踊りの祭典に相応しく、子供のかわいらしいポップなダンスや

子供とは思えないほどソウルフルなヒップホップダンス、

地元紀和町からは清流太鼓の子供たちによる演奏など。。。

そしてまた、民謡とソーランが入って大人の時間に!

なんていう流れがスムーズで、違和感なく、梅の花や周りの自然を楽しみながら飲んで食べて笑って~

そういう団体を見るたびにボクも笑顔になれる、幸せな時間が流れていましたよ~



舞台では、本日のメインとも言える「天女座」のお二人による演奏がありました!

矢吹紫帆さんは、「シンセサイザー界の小林幸子と呼ばれています」と笑いを呼んでましたが、
その呼び声通り、毎度ながらあっぱれな衣装ですw
矢中鷹光さんの歌声はとても気持ちが良い、伸びと張りのある力強いもので、
熊野の大自然とシンセサイザーに見事にマッチングしてたと思います!
地元の方も準備中にリハーサル中の矢中さんの歌声に魅了されたようでした。
ラストは紫帆さんによる獅子舞。アーティストなのに動きも良かったですよ~

天女座に聞き入る観衆たちシンセサイザー界の小林幸子という異名を取る矢吹氏矢吹紫帆さんによる獅子舞熊野市の音響、いいもの使ってます


お昼ごろは夏の陽射しを見せてくれた太陽、

一日が過ぎた今日はもの凄い勢いで雨が降り続いています。

地元の願いが雨を遅らせてくれたのかも知れません。

梅まつり、大成功と言えるのではないでしょうか!

ボクはたくさんの笑顔を目撃し、その度に怪しくニンマリしてました(笑)

今年来れなかったという人は是非、来年どうぞ

来年はまた趣向が変わるはずですので、乞うご期待☆




最後に

デビュー戦になったISATOの演奏。

ISATO①ISATO②ISATO③ISATO④


演奏前に尊敬するチームメイトから「緊張したら損や」と言われ(この言葉は深い!)、

同じ価値観を持った同志からも、「練習は本番のように、本番は練習のように」と。

確かに!緊張なんてしてるよりか、楽しまなきゃいい演奏なんてできん!!

吹っ切れて、思いっきりやりました。

緊張感が躍動感に変わってく

時間の流れも変わり、空間すらもあやふやで自己の存在が消滅してみんなが音を介して一つになる。。。

踊れや、踊れ~。無一物で踊れ~、そんな空間を作りたい!!もっと突き抜けなきゃ到達できないだろうなー

今回は、楽しめたので50点。自分の音はサイテーでした・・・

これに懲りずに、ジンベの練習、これからも続けることにします!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

天気に恵まれたのも、日頃のおこないがよかったからでしょうね。
大盛況でよかったですね。
その人数で、ここまでやったのはすごいパワーです、私も見習わねば。。。

そうそう、ジャンベの中にも知り合いがいますよ(A町で田んぼ作ってるご夫妻)

ありがとうございます!!

ほんっとに天候に恵まれた事に感謝です。
地元の方々の行いによるものでしょうね(笑)

小船地区のみならず、楊枝・和気など周辺からの応援があってこそ、
こんなに素晴らしいお祭りができています。
それも、実行委員の方の人望によるものでしょうね!
このパワーは常に目標にしたい処からきていますね~
人の繋がり!えにし(縁)ですねっ

あのご夫妻は凄いですよねっ!
お米めっちゃおいしかった~☆
そうですかー、繋がりって面白いですねw

良かったですね☆

お祭りの大成功!本当に良かったですね☆
ほんと、天気予報はよくなかったのに、お空も応援してくれていたんですね♪
どんなに盛り上がって素敵な祭典だったか、
シャンティさんのレポートから、ものすごく伝わってきましたよ☆
ISATOの演奏も、聴きたかったなぁ・・・。
背景に写る雄大な熊野の山々が懐かしい。
4月3日のさくら祭りには、久しぶりに熊野に帰ろうと思っています。

良かったです!!

空が味方してくれたのも、さとりんさんが祈りをくれたからだと思います☆
応援のお言葉の数々、心の支えになってました。
ありがとうございます!

青空の下、山に抱かれ、川の流れを感じて太鼓を叩けてほんっとに良かった☆
そして、ボクの文才のないブログで祭りの雰囲気が伝わったのなら、
さとりんさんの豊かな感受性に感謝です☆嬉しいお言葉です

さくら祭り、ボクも行きたいと思ってます。
その時にお話しできれば嬉しいな
楽しみにしてます!
プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。