スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二木島祭り

二木島湾は英虞岬と牟婁岬の間に位置し、英虞(伊勢)の国と牟婁(熊野)の国の境であったといいます。

三重県の指定無形文化財である二木島祭は、
英虞の国に属す阿古師神社と牟婁の国に属す室古神社を巡り
神社での古式に則った祭典の後で開催されるダイナミックな関船競漕が見どころです。

PICT1168.jpgPICT1207.jpg


8本の櫓を32人で漕ぐ八艇櫓の船の競争は、
水軍や捕鯨の際の勢子船の早漕ぎを彷彿とさせる力強く勇壮で活発なものであるだけに
操作方法が簡単ではなく後継者が不足し、神事そのものの存続が危ぶまれています。

祭りの起源は、神武天皇東征の際に熊野灘で嵐に遭った一行を救おうとして
地元の住民が早船で向かった様子に由来すると言われておるらしく、
両神社には嵐で命を落とした稲飯命と三毛入野命の2人の皇兄を祀っています。

このような歴史と由緒のある祭りが無くなるのは悲しい事です

が、しかし
このような現状を聞きつけてなんとかしようと集まった人がいました。
PICT1185.jpg
親子サバイバルキャンプに来てくださっていた鈴木さんと再会☆
鈴木さんは熱い気持ちで今年初めて参加されたそうですよ!


厳かに執り行われる神事の様子
PICT1143.jpgPICT1193.jpg


PICT1196.jpgPICT1198.jpg



見ているものの心を洗ってくれる溌剌とした漢たち

PICT1219.jpg

またいつか見れるといいですね☆☆☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。