スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年、新たに思うこと

皆様、新年あけましておめでとうございます。

昨年に引き続き本年もよろしくお願い申し上げます。



さて、ご挨拶の程、遅くなりましたのか早くなりましたのか。



と言いますのも、昨日から春に向けての土用に入りました。

土用とは季節の節目となる、四立(しりゅう)である立春・立夏・立秋・立冬の18度前(黄道でいう)、
つまり18日前の期間のことで、春の土用は2月3日の節分までのことをいいます。

文字通り、季節の分かれ目であり、翌日の春分の日までの冬から春への移り変わりの自然環境変化の日々です。
ここ熊野の地でもようやく恵みの雨が降り出し、カラカラに乾いた大地を潤してくれました。

そして旧暦の正月は、今の暦で23日の新月の日ということになります。

ブログを書き損ねていたので、23日まで引っ張って新年のご挨拶を、
と思っていましたが、我慢しきれず早くなって(?)しまいました(笑)




昨年は、日本にとって大変な一年でした。

僕にとっても3月に大震災と原発事故、目に見えない放射能との戦い、
9月は個人的に初めて自然災害を身近に体験することになった台風の水害。

それぞれ、まだまだ被害の爪痕は残っていること、世間で忘れさられていくことを悲しく思っています。

日本で生きていく、日本を愛する日本人である以上、忘れてはいけない出来事。

そして、これからまさにサバイバルの時代がきたのだと実感しています。

「津波てんでんこ」

これは、岩手県三陸地方の伝承だそうです。
津波の恐ろしさと自分の身は自分で守ることを教えてくれています。

国やメディアを信用しすぎることは、自分の責任回避。自己否定です。
自分の頭、そして直感で、自分のとるべき行動を決めるしかないのです。


生きていくためのお金も必要だし、食べ物もお金を出せば手に入るという簡単なものではなくなってきつつある。

お金、安心な食べ物、住む場所、身を守る衣類、本当に必要なものは何だろう?

真剣に考えさせられました。



このことは神様がくれた教訓なのだと思うようにしています。




科学の進歩、ボクは進歩なのかどうかわからなくなっています。ただの変化なのかもと。

五感、直感、生理的に感じ得たことを否定し、科学的に脳で頭で理解する形へ変わっただけなのだと。



オーストラリアの先住民アボリジニは、ウラン鉱山に人々が近付くと体調が悪くなることから
霊山として奉り人を遠ざけたという話を聞きました。

犬や猫は体調の変化に伴って普段は口にしない草を食べることで改善を図ります。

昔の日本人は目に見えない微生物の働きを観て、味噌や漬物といった発酵食を伝えてきました。

人は頭で利権だの栄養素だの研究結果だのを判断材料にするばっかりに、本当に善いモノ悪しきモノの
判断ができなくなっているように思えてなりません。


どんなことでも自分の魂に語りかけ、感覚すべてに耳を傾け目を凝らし、
直感を磨けるように日々を過ごしていこうと思う、今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。