スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の営みのなかで生きる

稲を米にするには、①刈って②乾燥させて③脱穀して④もみ殻を取って⑤玄米はそのままだが白米にするなら精米という作業があります。

今年はできるだけ自分の手でやりたかったので、①~③までは鎌、足踏み脱穀機、唐蓑(とうみ)など昔ながらの道具と自然の手を借りてやりました。

IMG_4234.jpgIMG_4242.jpg

コンバインや乾燥機などの農業機械を使わずに、はざ掛け(田んぼに木と竹で足を組んで、束にした稲を天日干しにすること。この辺りでは「さがり」とも呼ぶ)したお米の方がウマイというのは自明のことでありますが、
大変すぎて、来年からは機械化しようかなと弱気になってます。

IMG_4208.jpg


まぁ、自己満足に過ぎんといえばそうかも知れませんが、機械もロクに使わずに収穫した米を口にできたということは、僕にとってものすごく感動的でした。

お金を出せば食べものが買えるという思考が間違ってるとは言いませんが、ある意味コワイな~と思うんです。



お米を炊くということについても。

炊飯器がないとお米が炊けないという人が、意外と多いことにびっくりします。

しかし、考えてみると僕も2年間生活したオーストラリアでの経験がなければできなかったことです。

あっちの国は西洋文化なので、トースターはどこに行ってもあるんだけど、炊飯器がない。

鍋で炊くという事を覚えなければ米が食えないんです。

そういう環境に生きることで初めて、自分でやる。

できなかった事に向き合う。



米が田んぼでできること、稲が米になることは知っていても、自分では育て方がわからない。

鍋で米が炊けると知っていても、実際にどうすればうまく炊けるのか、よくわからない。



こういった社会システムの中に組み込まれて、日々深く考えずに生きてしまっていることに危機感を覚えます。

生きることに、主体的になっていないのではないか、と。


野生動物は日々食べるものを得、生き延びるために必要な行動をしている。

人間は、お金を得るために、日々働いている。
そういう社会だから仕方のないところはあるけど、土から田んぼから離れすぎているのではないか、と。


生きるという事を真剣に考えるなら、田舎へ移住して、田んぼを耕してみよう!

そして、化学肥料や除草剤や農薬なんかは、絶対に使わないようにしよう!!


水や空気や光、土に生えてる雑草や木々、土のなかの微生物や土の上の生き物たち。
おおきな自然の営みのなかで、ちいさな命たちがぐるぐるぐるぐる循環している。

われわれ人間も、いずれ土に還っていくのです。

人間が安直に考えた、人間にとって有益な道具や材料で、その大いなる生命のリズムを乱したくはないですよね。

地球のうえで生きるということを、率直に感じつつ日々を過ごしていたいなぁ



スポンサーサイト
プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。