スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米を食うこと

さて、昨日は僕が米をよく食うという話でしたが、
今日は米を食うとはどういうことか?という話です。

さがり2012



米を食うことは「生きる」ということです。

日本は稲作に適した風土をもつが故に、僕らの祖先は米を主食に選んだのでしょう。

その主食を食べることは、生きることに他ならないと思うんです。



だけど、僕の世代の大人たちは米が口に入るまでの過程を知っているのだろうか?

知識としてではなく、経験として知っておくべきではないのか?と。

都会を生活のベースにしてきた僕は、稲が米になる過程を当時経験することはありませんでした。



ゆえに、米作りをはじめ農業を志して、僕のようにIターンするケースが増えているのでしょう。

学生時代の親友は、山菜・キノコの採集や渓流釣りがしたくて滋賀県の奥地へ移住しました。

飼いならされていること――資本社会に組み込まれて生活している自分――への反骨精神が、
農業・狩猟・採集などの自給自足へ向かわせるのだと思います。



僕はというと、昨年は台風12号の水害でお米がパァで、今年ようやく収穫となりました。

稲から米への初体験だったんです!!

(つづく)
プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。