スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害からエネルギーについて考える

台風12号の災害から3か月、年の瀬12月になりました。
早いですね。

災害の傷跡は残りやるべき事はまだあるものの、一応復旧されつつあり、落ち着いてきています。
ご協力いただいた方々に感謝申し上げます。

今回の災害について、Jパワー(電源開発)が事前放流を行わず、3日間に渡り豪雨をもたらした台風の影響で停電してサイレンも鳴らない状況下で夜中に放流して水位が一気に上がったことで逃げ遅れた方や準備することができなかった方がたくさんいて被害が大きくなったということが問題だと思います。

Jパワーの説明会(10月28日)に参加しましたが、国の規定上事前放流はできなかったとの一点張りで、住民の立場にたった対応がなく、原子力村と同じ体質にがっかりでした。

Jパワーは熊野川流域の6市町村に義捐金を振り込んだそう。
非を認めず、金だけを振り込んでくるっていうやり方は気に食わない。
そもそも金を送るなら非を認めて、被災した家をまわり一軒一軒に見舞金を手渡すことをやればいいのに。

新宮市だけは、Jパワーからの義捐金500万円を突っ返したということを聞いて、少し胸がスカッとしました。
僕が住む熊野市は受け取ったようですが、そのお金をどう使うのか。非常に重いお金だと思います。

関連記事→毎日新聞11月25日



さて僕は先日、休暇をいただいて富山県まで行ってきました。

黒部市宇奈月温泉で開催された「小水力発電サミット」へどうしても行きたくて。

関連記事→中日新聞11月20日



311後、エネルギー(電力)のことにすごく敏感になっていたところに、台風12号の災害が身に降りかかり、エネルギーをいままでのようにお上任せにするのはこわいと強く感じ、地域で独立して作れる自然エネルギーにシフトして電力の地産地消をやりたいと。



僕が住んでいるような地域だとやはり小水力発電はやりやすそうだし、自然エネルギーの中でも安定的で身近なものだということが再確認できました。
IMG_1889.jpg
このピコピカ発電はそこらじゅうに設置されていました。



再確認といえば、問題も知れば知るほどでてくるってことも・・・

ただ、各地ではすでにやり始めている自治体や民間団体などが多数あり、そういう人たちと繋がれたことがとても意義のあることでした。
IMG_1895.jpg
しかも、交流会では意外な再会があって感動的な夜だったんです!


少しづつ動き始めましたが、ここで書くにはまだ早いので、今後形になってきたらブログに載せていきます。
興味のある方や一緒にやろうという方は是非!連絡まってます。


それにしても、黒部の紅葉はきれいだった。
IMG_1921.jpg
ちょっと足をのばしてトロッコ列車にのり、温泉に行って癒されました。
黒薙温泉、山道をけっこう歩くんですが、秘湯好きの方、トレッキングがてらどうですか?
IMG_1918.jpgIMG_1917.jpg

おまけ温泉ネタですが、湯ノ口、湯の峰、川湯、渡瀬、十津川、上湯など温泉天国の熊野にいるけど、黒薙はホントすごかったです。温泉のありがたい季節になってきましたね。熊野の温泉めぐり再開しようかな~
プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。