スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮は泥より出でて泥に染まらず

蓮、初めてこの花の美しさを意識したのはインドへ一人旅に行った時でした。

閉じたり開いたりする花を見て不思議に思い、
その気まぐれな振る舞いと優美さに心が惹かれました。

蓮 
国花である蓮は、インドのいたるところで目にします。

インドが発祥のヒンドゥー教や仏教では神聖なシンボルとして描かれることが多く、
泥の中で育ちつつも、花や葉は美しい姿を維持するところに
汚れ多き俗世で生きながらも、心は汚れず清浄を保つという教えを現し
この花の生き様が宗教観と重なり、大切にされているのでしょう。

おもしろい事に、蓮の葉は決して濡れることはなく、天然の自浄効果を備えているとか。
葉の微細構造によって表面にについた水は表面張力によって水銀のように丸まって水滴となり、
泥や、小さい昆虫や、その他の異物を絡め取りながら転がり落ちるといいます。
Lotus Effekt
この現象はロータス効果といい、ナノテクノロジーや超撥水性機能の研究に生かされているとか。


インドから中国を経て仏教が伝えられた日本でも蓮は神聖なものとされ
蓮の花に立つ神仏や蓮華台に座る大仏様からもその様子がうかがえます。
それに、座禅を組む足の形を蓮華座といいますしね。
仏陀



しかも、蓮の地下茎はお正月や和食に欠かせないレンコンですね!
蓮根 写真
外見も中身も抜群の蓮☆

以前から地元の方達と話合っていた休耕田の活用として
景観にも良くてうまくいけば食卓に並ぶかもしれないレンコンを植えよう、
という活動に凄く魅力を感じ、たくさんの人の協力や理解を得て
「上川地区 地域まちづくり協議会」で決定し、来年度予算に申請することになりました。

レンコンの種を植えるのは春。
その為にレンコンの試験栽培予定地の草刈り作業を行いました!
PICT1291.jpg
初めての挑戦で不安もありますが、
地域の方々と一緒に試行錯誤しながら活動していくことにやりがいを感じます。

そして、大好きな蓮が綺麗に咲いてくれれば嬉しいです!
スポンサーサイト
プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。