スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおきに~

行ってきました「おおきに太田川」!

台風12号の影響で5ヵ月以上も延期になっていたお祭り。

前夜祭で「ISATO」ライブ出演、22日(日)は「Cafe Lotus」で出店してきましたよ~

ISATO.jpg
前夜祭は小雨の中だったんだけど、ISATOのライブが始まると雨が止んだり。


おおきに太田川の祭りの趣旨は、すごく単純で明快!

川の恩恵を受けているボクらが川を愛し、生活と自然について話し合う機会をもつということ。

まさに、核心。

台風12号の災害では、雨がたくさん降って川の増水で被害がでてしまったんだけど、
基本的には川の恩恵に授かってボクらは生かされてるということを感じながら生活してる訳で。

母なる大河、ここらではたくさんの川が海にそそいでる。

その水を飲んだり、米や野菜を作ったり、魚を釣ったり、遊んだり・・・

川への感謝と畏敬の念はどっちも大切で忘れてはいけないことなんだと、改めて考えさせられました。


このお祭りでは日常生活の忙しさでなかなか会えなかった仲間に再会できて、近くに住む楽しい人たちに出会えたた。おいしくてナチュラルな食べ物や心にグッとくる音楽たちにも。
とにかく雨が降って降って22日なんて災害のこと思い出すくらいの雨風で、実際早朝にテントが飛ばされて屋外から建物の中に会場が移るなんてこともあったんだけど、最高に楽しい2日間だった。


22日、「Cafe Lotus」では、フムスとおからボールのベジサンドのお店で出店させて頂きました。
Cafe Lotus
ベジサンド
ベジサンドだぃ
フムスってひよこ豆のペーストに、地元のホウレンソウを入れてまぁるく揚げたおからボールと自家製ニンジンと新たまねぎのピクルスとサラダをピタパンでサンドしたものです。

仲間からの食べた感想、アドバイスがほんとーにうれしい。色々と参考にして次に生かしていきます。

第一号のお客さんは、こないだ太鼓でライブ出演した「姫まつり」のスタッフさんで、
意気投合して映画「加寿姫」製作の農民役でスカウトされるというおもしろい縁もありました。

その方のブログ→「子連れ烏の熊野暮らし」



ずいぶんとブログ更新できませんでしたが、またぼちぼち書いていきますので、よろしくどうぞ。


前夜祭、一発目からアフリカン!男たちが弾くリズムにのせて女たちは踊る、笑う!
TAKATA TAN TAN JALI
TAKATA TAN TAN JALI


手作り感タップリでイイ感じのバーカウンター
Bar.jpg


四国、徳島、海部川から来たシンガーソングサーファー。すごくいい声でした♪
SALA.jpg
SALA


前夜祭のトリ、北山村のラスターな酔っ払いDJ
TATTAN.jpg
TATTAN


22日雨の為、屋内で。小水力やバイオマス発電の可能性をトークディスカッション。
中島 敦司(和歌山大学システム工学部教授)
中島 敦司さん(和歌山大学システム工学部教授)


ボクらISATOと同じくルーツアフリカンのTOUBA。ビシビシに決まってました。かっこいい!
Touba
TOUBA


スタッフの皆さん。楽しませて頂きました。感謝です「おおきに~」
スタッフのみなさん
風雨の中、お疲れさまでした。



来年も是非やって欲しいです。

記念すべき第一回だったという話になるのかな~!?
スポンサーサイト

梅フェス 動画

梅まつりの片づけが今日を持って終了しました。

滅多にならない風邪になって、ご迷惑をお掛けしました。

心配の電話をくれたり、わざわざご飯を持ってきてくれたり、本当にありがとうございました!

梅まつりを経て、熊野での自分の世界が広がった気がします。



それでは、梅まつりの動画!

民謡3シリーズです!!









小船 梅まつり 25周年

昨日は危ぶまれていた天候でしたが、奇跡的な快晴で暖かな春の陽射し・・というか夏日でした!

天候で来客数の半分ほどは違っていたのではないでしょうか?
お陰さまで来客数は例年通りか少し多めという結果

小船地区は10世帯、人口22人の小さな村で、
雄大な熊野川と静かな時の流れを感じる日常ですが、
昨日は大勢の人で賑わっていつもと違った、非日常の風景でした。 (写真クリックで拡大)

お日柄も良く・・・梅の園開始前の静けさ音チェック中のPA係O氏
リハで心を掴む歌声を持つ矢中鷹光さん紅白共演天使のようだ妖精のようにも


出店は地元物産から、小船といえばの代名詞、梅干し(白梅、赤梅、小梅)
よもぎ入りが美味しいささびのコンニャク
なれずし交流会でワークショップの講師をしてくださった方のなれずしや地域の方々が手塩にかけて作ったおでんやなます、おにぎりまであり、紀和ふるさと公社の販売する品々などが立ち並んでいました

地元の物産販売売り切れ続出!小船の梅干し
ささびこんにゃくよもぎこんにゃくとの色合いがナイスなれずし~




外部から出店に来てくださったのは、
かわいいフェルトのおもちゃを扱う熊野共和国さん、
高波動物質を使用した、使っていて気持ちの良い陶器を焼く入鹿窯さん、
シルバーや民族調のアクセサリーを扱うシャシャマニさん、
うなぎのかんばやしさん、サンマ鮨の茂丸さんなどなど多数!

ボクはアフリカン太鼓チームISATOのデビュー戦と天女座ブースの販売員を掛け持ちしていたので、
写真を撮る暇がなかったです・・・書ききれなかった皆様ごめんなさい
販売のお手伝いをしてくださったB&G海洋センターのNさん、
本当に助かりました☆ありがとうございます!!


さて、踊りの祭典

まずは、民謡から!

高齢者の多い地域ですので、炭鉱節など懐かしい音楽が流れれば自然と身体が動き出すのか、

たくさんの方が輪(和)になって踊っている姿が見れました!ヤッター☆

レッツダンス!シャルウィーダ~ンス!!

堂城氏率いる民謡踊り集団民謡①民謡②気合いの入ったソーラン(紀州舞踏隊)


緑のセーターのDさん80歳とは思えないほどの働きっぷり。
観衆を踊りの輪に誘ったり、曲にまつわるエピソードを面白おかしく語ったり、見事なMCでした
新宮にお住まいのDさんは日本各地に赴き民謡を教え、普及活動をしているそうです

民謡とは日本のトラッド(伝統音楽)のひとつですよね
話は変わりますが、ISATOではアフリカの伝統に基づいた演奏方法を追及していて、
なおかつ、現代的な音楽との融合を試みた曲調も同時に追求していて、そこに感銘を受けました!
ボクが以前から演奏するディジュリドゥと一般的に呼ばれる楽器は世界最古の木管楽器であり、
アボリジニやアイヌなどの伝統音楽には欠かせないものです。
アボリジニは文字を残さず、教えや生活の知恵、狩猟採集の技術を伝統音楽とダンスで表現して後世に伝えます。
その精神性の深さや音色に魅せられてディジュリドゥを演奏しているのですが、
民謡もそういった精神で伝えられているものもあって、その意味を理解したうえで踊りや唄を楽しめる事が出来れば、楽しんでいるうちに教えを学ぶことができる、その価値の見直しが地域おこしに繋がるのでは?といったお話しをさせてもらったら、Dさんも同じ思いだということで、二人で感動していました。
・・・まつりと関係ない話、長くてスイマセン


まつりでは踊りの祭典に相応しく、子供のかわいらしいポップなダンスや

子供とは思えないほどソウルフルなヒップホップダンス、

地元紀和町からは清流太鼓の子供たちによる演奏など。。。

そしてまた、民謡とソーランが入って大人の時間に!

なんていう流れがスムーズで、違和感なく、梅の花や周りの自然を楽しみながら飲んで食べて笑って~

そういう団体を見るたびにボクも笑顔になれる、幸せな時間が流れていましたよ~



舞台では、本日のメインとも言える「天女座」のお二人による演奏がありました!

矢吹紫帆さんは、「シンセサイザー界の小林幸子と呼ばれています」と笑いを呼んでましたが、
その呼び声通り、毎度ながらあっぱれな衣装ですw
矢中鷹光さんの歌声はとても気持ちが良い、伸びと張りのある力強いもので、
熊野の大自然とシンセサイザーに見事にマッチングしてたと思います!
地元の方も準備中にリハーサル中の矢中さんの歌声に魅了されたようでした。
ラストは紫帆さんによる獅子舞。アーティストなのに動きも良かったですよ~

天女座に聞き入る観衆たちシンセサイザー界の小林幸子という異名を取る矢吹氏矢吹紫帆さんによる獅子舞熊野市の音響、いいもの使ってます


お昼ごろは夏の陽射しを見せてくれた太陽、

一日が過ぎた今日はもの凄い勢いで雨が降り続いています。

地元の願いが雨を遅らせてくれたのかも知れません。

梅まつり、大成功と言えるのではないでしょうか!

ボクはたくさんの笑顔を目撃し、その度に怪しくニンマリしてました(笑)

今年来れなかったという人は是非、来年どうぞ

来年はまた趣向が変わるはずですので、乞うご期待☆




最後に

デビュー戦になったISATOの演奏。

ISATO①ISATO②ISATO③ISATO④


演奏前に尊敬するチームメイトから「緊張したら損や」と言われ(この言葉は深い!)、

同じ価値観を持った同志からも、「練習は本番のように、本番は練習のように」と。

確かに!緊張なんてしてるよりか、楽しまなきゃいい演奏なんてできん!!

吹っ切れて、思いっきりやりました。

緊張感が躍動感に変わってく

時間の流れも変わり、空間すらもあやふやで自己の存在が消滅してみんなが音を介して一つになる。。。

踊れや、踊れ~。無一物で踊れ~、そんな空間を作りたい!!もっと突き抜けなきゃ到達できないだろうなー

今回は、楽しめたので50点。自分の音はサイテーでした・・・

これに懲りずに、ジンベの練習、これからも続けることにします!!

梅まつりの準備

お久しぶりです!

最近は太鼓の練習で、画面と向き合う余裕がなかったんもんで・・・ブログ手つかずでした



いよいよ、あと3日後に迫りました、小船 梅まつり!!

先日はステージ作りをお手伝いしてきました

舞台 基礎
床と壁はり
ウェルカム   梅フェス

このステージは毎年、梅まつりの時期に地域の有志たちによって作られています

設置に2~3日、片づけは祭り当日にやっているというのですから、なんとも頼もしいです!



そして、そして

ご好評頂いております、チラシがこちら!
ume_outline.jpg
人気で増刷の依頼が相次ぎ、区長さんのインク代もバカにならないのですが、嬉しい悲鳴ですね

表が梅のデザイン、裏はタイムスケジュールになっています(多少の変更があるかも?)

現在、猛練習中のアフリカ太鼓ですが、出番は12時過ぎですので、どうぞよろしく!

手で叩くアフリカの太鼓、ジンベ。

踊りの祭典にふさわしく、大地と川と山を感じながら、リズムと一緒に身体を揺らしてみてください!



このデザインを描いてくれたのは、K大学からの仲間であるA氏

快く無償で引き受けてくれました!感謝☆

身に纏うものはアイおしぼりが青くなる手

京都で藍染めを修行中という男の手はアイで染まっていました


そして今、ボクの手は真っ赤に腫れあがってます



『小船 梅まつり』 開催日決定!

2月27日(日曜)に『小船 梅まつり』開催です!


雄大な熊野川のほとりで、早春の寒さの中に先駆けて咲く梅の花を香りを味わい尽くしてみませんか?


朝9時から地元食材を使った「なれずし」「お餅」などや「梅干」の販売が開始

10時より開会挨拶があって、

ソーラン節・民謡・子供によるヒップホップダンス・天女座によるシンセサイザーやギターの演奏

アフリカン太鼓&ダンスグループISATO(イサト)による演奏、紀和清流太鼓、子供宝さがし、

そして、みんな大好きなもちほりもありますよ!!

会場も駐車場も広いので渋滞の心配もなくて、ゆっくり遊べます!

五感すべて開放しちゃってください!!


大きな地図で見る



この梅まつり、いつもお世話になっている新宅さんが実行委員長を務められており、

「今年は例年とひと味違ったまつりにしたい」と言っておられたのもあって、

波田須アートフェスで縁ができた「天女座」のお二人と、「ISATO」の方々の出演を提案しました。

新宅さん、天女座、ISATOそれぞれ個性の強いメンバーで世界観も違って見えるし、

うまく打ち解けれるのか心配でしたが、

心に壁がないというのか、何度も会っていくうちに、お互いが理解しあって

演奏方法や順番やシビアな金額面まで、スルスルと話が進んでいくので、内心驚きの連続でビビッてました。

おまけに、な・なんと、ボクもISATOに加わって演奏できることになりました!

点が線になって、それが繋がって大きな円になっていく、まさにそんな感じで鳥肌もんでした。

縁を大切に想う人同士だから、今ここに向き合う人に優しく真摯に接するのでしょうか。

もうこれだけで凄くいい祭りになるのは間違いないです!

その為にも、ISATOの上手な人たちの中でボクだけ中途半端な演奏はできません!

今はアフリカン太鼓「ジンベ」の練習に励む日々です。

色んな人からアツいスピリッツ(魂)をもらってます!

感動の毎日☆も~う、本気でやりますよ!マジです!!

ぜひ遊びに来てください。みなさま、お待ちしております!!

紅梅
早咲きの紅梅 まつりの時期は白梅が!




プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。