スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の営みのなかで生きる

稲を米にするには、①刈って②乾燥させて③脱穀して④もみ殻を取って⑤玄米はそのままだが白米にするなら精米という作業があります。

今年はできるだけ自分の手でやりたかったので、①~③までは鎌、足踏み脱穀機、唐蓑(とうみ)など昔ながらの道具と自然の手を借りてやりました。

IMG_4234.jpgIMG_4242.jpg

コンバインや乾燥機などの農業機械を使わずに、はざ掛け(田んぼに木と竹で足を組んで、束にした稲を天日干しにすること。この辺りでは「さがり」とも呼ぶ)したお米の方がウマイというのは自明のことでありますが、
大変すぎて、来年からは機械化しようかなと弱気になってます。

IMG_4208.jpg


まぁ、自己満足に過ぎんといえばそうかも知れませんが、機械もロクに使わずに収穫した米を口にできたということは、僕にとってものすごく感動的でした。

お金を出せば食べものが買えるという思考が間違ってるとは言いませんが、ある意味コワイな~と思うんです。



お米を炊くということについても。

炊飯器がないとお米が炊けないという人が、意外と多いことにびっくりします。

しかし、考えてみると僕も2年間生活したオーストラリアでの経験がなければできなかったことです。

あっちの国は西洋文化なので、トースターはどこに行ってもあるんだけど、炊飯器がない。

鍋で炊くという事を覚えなければ米が食えないんです。

そういう環境に生きることで初めて、自分でやる。

できなかった事に向き合う。



米が田んぼでできること、稲が米になることは知っていても、自分では育て方がわからない。

鍋で米が炊けると知っていても、実際にどうすればうまく炊けるのか、よくわからない。



こういった社会システムの中に組み込まれて、日々深く考えずに生きてしまっていることに危機感を覚えます。

生きることに、主体的になっていないのではないか、と。


野生動物は日々食べるものを得、生き延びるために必要な行動をしている。

人間は、お金を得るために、日々働いている。
そういう社会だから仕方のないところはあるけど、土から田んぼから離れすぎているのではないか、と。


生きるという事を真剣に考えるなら、田舎へ移住して、田んぼを耕してみよう!

そして、化学肥料や除草剤や農薬なんかは、絶対に使わないようにしよう!!


水や空気や光、土に生えてる雑草や木々、土のなかの微生物や土の上の生き物たち。
おおきな自然の営みのなかで、ちいさな命たちがぐるぐるぐるぐる循環している。

われわれ人間も、いずれ土に還っていくのです。

人間が安直に考えた、人間にとって有益な道具や材料で、その大いなる生命のリズムを乱したくはないですよね。

地球のうえで生きるということを、率直に感じつつ日々を過ごしていたいなぁ



スポンサーサイト

米を食うこと

さて、昨日は僕が米をよく食うという話でしたが、
今日は米を食うとはどういうことか?という話です。

さがり2012



米を食うことは「生きる」ということです。

日本は稲作に適した風土をもつが故に、僕らの祖先は米を主食に選んだのでしょう。

その主食を食べることは、生きることに他ならないと思うんです。



だけど、僕の世代の大人たちは米が口に入るまでの過程を知っているのだろうか?

知識としてではなく、経験として知っておくべきではないのか?と。

都会を生活のベースにしてきた僕は、稲が米になる過程を当時経験することはありませんでした。



ゆえに、米作りをはじめ農業を志して、僕のようにIターンするケースが増えているのでしょう。

学生時代の親友は、山菜・キノコの採集や渓流釣りがしたくて滋賀県の奥地へ移住しました。

飼いならされていること――資本社会に組み込まれて生活している自分――への反骨精神が、
農業・狩猟・採集などの自給自足へ向かわせるのだと思います。



僕はというと、昨年は台風12号の水害でお米がパァで、今年ようやく収穫となりました。

稲から米への初体験だったんです!!

(つづく)

農的な暮らし

随分ごぶさたしておりましたが、お元気ですか?


なーんて、誰に問いかけているのか。
こんなブログですが、意外にも会う人によっては、ブログ再開してよ~なんて言われるんです。
久しぶりにアクセス見ると半年間も音沙汰なしで何故か訪問者が一日10~20件あるってどういうことなんでしょうか?こんなもんなんですか?よくわからないけど。書いてる時はその三倍くらいでした。

有難いことに僕は心優しい人に囲まれてるんですネ♡




先日、お米を収穫しました。

5畝(5a)の田んぼで、もみ殻のままで91kgしかありませんでした。

これは、記録的に少ないそうです。
僕みたいに肥料も農薬も入れない田んぼでも、その倍はとれるそうな。

とれなかった理由は、話す人によって様々。

「草取りをしっかりせなんだからや」
-確かに夏の草取りが辛くてさぼったりしました。

「化学肥料や除草剤を使ってた田んぼで、急に有機に切り替えるとできへん」
-有機農業しか興味ありません。

「どうしても、有機農業でしたいんやったら、3年は辛抱せなあかん」
-3年間どうやって飯食おうか・・・

と、問題だらけですが、なんとかやっていこうと思ってます。

お米の収穫



僕のような、生まれてから今まで「生きる」という事に真剣になった事が無い世代では、お米を作るということがどれほど大変なのか、かってに想像するだけで実際にやってみるとその大変さに驚愕します。

いや~ほんとに大変だった。夏の草とり。


そのくせ僕は痩せの大食い。

一日に3合半のお米を食らってます。

この数字は、一年間に3俵以上のお米を食べてるということ。

昔の日本人は、150kg(2表半)のお米を一年間に食べていたそうで、その単位を一石といったそうです。

一万石の大名さんは一万人の庶民を養えていた、という表現ですね。

対して僕は、年間180kg以上です。

百万石でも僕が相手なら八十万石になってしまう。

僕みたいな庶民ばかりだとしたら、大名は破産してたかもしれませんね(笑)



その代わりというか、肉も魚もほとんど食べません。野菜ばっかしです。

まぁ、だからといってどうもこうもないんですけど。















おおきに~

行ってきました「おおきに太田川」!

台風12号の影響で5ヵ月以上も延期になっていたお祭り。

前夜祭で「ISATO」ライブ出演、22日(日)は「Cafe Lotus」で出店してきましたよ~

ISATO.jpg
前夜祭は小雨の中だったんだけど、ISATOのライブが始まると雨が止んだり。


おおきに太田川の祭りの趣旨は、すごく単純で明快!

川の恩恵を受けているボクらが川を愛し、生活と自然について話し合う機会をもつということ。

まさに、核心。

台風12号の災害では、雨がたくさん降って川の増水で被害がでてしまったんだけど、
基本的には川の恩恵に授かってボクらは生かされてるということを感じながら生活してる訳で。

母なる大河、ここらではたくさんの川が海にそそいでる。

その水を飲んだり、米や野菜を作ったり、魚を釣ったり、遊んだり・・・

川への感謝と畏敬の念はどっちも大切で忘れてはいけないことなんだと、改めて考えさせられました。


このお祭りでは日常生活の忙しさでなかなか会えなかった仲間に再会できて、近くに住む楽しい人たちに出会えたた。おいしくてナチュラルな食べ物や心にグッとくる音楽たちにも。
とにかく雨が降って降って22日なんて災害のこと思い出すくらいの雨風で、実際早朝にテントが飛ばされて屋外から建物の中に会場が移るなんてこともあったんだけど、最高に楽しい2日間だった。


22日、「Cafe Lotus」では、フムスとおからボールのベジサンドのお店で出店させて頂きました。
Cafe Lotus
ベジサンド
ベジサンドだぃ
フムスってひよこ豆のペーストに、地元のホウレンソウを入れてまぁるく揚げたおからボールと自家製ニンジンと新たまねぎのピクルスとサラダをピタパンでサンドしたものです。

仲間からの食べた感想、アドバイスがほんとーにうれしい。色々と参考にして次に生かしていきます。

第一号のお客さんは、こないだ太鼓でライブ出演した「姫まつり」のスタッフさんで、
意気投合して映画「加寿姫」製作の農民役でスカウトされるというおもしろい縁もありました。

その方のブログ→「子連れ烏の熊野暮らし」



ずいぶんとブログ更新できませんでしたが、またぼちぼち書いていきますので、よろしくどうぞ。


前夜祭、一発目からアフリカン!男たちが弾くリズムにのせて女たちは踊る、笑う!
TAKATA TAN TAN JALI
TAKATA TAN TAN JALI


手作り感タップリでイイ感じのバーカウンター
Bar.jpg


四国、徳島、海部川から来たシンガーソングサーファー。すごくいい声でした♪
SALA.jpg
SALA


前夜祭のトリ、北山村のラスターな酔っ払いDJ
TATTAN.jpg
TATTAN


22日雨の為、屋内で。小水力やバイオマス発電の可能性をトークディスカッション。
中島 敦司(和歌山大学システム工学部教授)
中島 敦司さん(和歌山大学システム工学部教授)


ボクらISATOと同じくルーツアフリカンのTOUBA。ビシビシに決まってました。かっこいい!
Touba
TOUBA


スタッフの皆さん。楽しませて頂きました。感謝です「おおきに~」
スタッフのみなさん
風雨の中、お疲れさまでした。



来年も是非やって欲しいです。

記念すべき第一回だったという話になるのかな~!?

来年は晴れてほしいな、梅まつり

3月4日ですので少し前の話になりますが(更新が遅れてすみません)、
小船 梅まつりに出店させていただいたときのことです。

小雨が降る寒い日でしたが、地元のおじいちゃん、おばあちゃん、
それぞれの親戚・仲間たち、TV局や新聞社などメディア関係者も含めたくさんの方が来てくださいました。

出店ブースや出演者の方々も、小船梅まつり存続のためにご尽力してくださり、にぎやかなお祭りとなりました。

前日が暖かかったせいか、ちらほらと梅の花も咲いていましたよ。
梅林をあるくと、梅のうっとりする香りに思わず深呼吸してしまいました。


そんななか、わたしたちは「cafe Lotus」という屋号で出店させていただきました。

↓今回は看板制作にも力を入れました(笑)
cafe Lotus

メニューは以下のとおりです。
IMG_2344.jpg

*にんじんとカシューナッツのカレー*
にんじんとカシューナッツのカレー
にんじんの甘みを生かしてカシューナッツでとろみをつけた、辛さひかえめの野菜カレー。

*スパイスの効いたチキンカレー*
チキンペッパーフライ
国産鶏肉とさまざまな香辛料を使った、深みとピリリとした辛さのあるカレー。



数量限定ですが、おかしも作りました。


*全粒粉とくるみのスコーン & 無農薬みかんのマフィン*
スコーン&マフィン
噛むほどにでてくる甘さが味わい深い、シンプルなスコーンです。
和気のかんきつ果汁をたっぷり使いました。みかんをのせてかわいらしく。

*ゆずマーマレードとココアのタルト & バナナときなこのタルト*
ケーキ
地元で自然に育ったゆずでこしらえたジャムは、ココアのほろ苦さと相性ばつぐんです。
きなこの香ばしさがバナナをひきたてる、食べごたえのあるタルトです。




★「cafe Lotus(カフェロータス)」という屋号について

Lotus(ロータス)は、英語で蓮の意味です。

昨年れんこん栽培をしていた際、美しい蓮の花を見に、朝早くから多くの方が地元に来てくださいました。
なかには遠くから足を運んでくださった方もいて、蓮の花と熊野川など周囲の景観を眺めながら、
ちょっと一服できるお茶屋さんをいつかできたらいいね~と相方と話したことがきっかけなのです。


★カフェロータスのこだわり

調味料は保存料、化学調味料無添加のものを、油や大豆製品は遺伝子組みかえでないものを使っています。
塩は天日塩、甘味料のメインはてんさい糖です。
毎日食べるものだから、できるだけ安心できる食材を摂りたいものです。


★カフェロータスのカレー

日本でおなじみのカレールウではなく、スパイスを合わせて作ったインドカレーデス。
葉っぱやつぶつぶなど、まるのままのスパイスも入っています。香りを大切にしています。



カフェロータスは、まだお店がありません。
ここ上川地区でお店をひらくべく、空き家さがしと料理&畑修行!?の日々をおくっています。
近くで開催されるイベントには、できるだけ参加していきたいと考えていますので、
今後とも応援よろしくおねがいします!

食べた感想や率直なご意見など、お寄せくださったらうれしいです。
次につなげていけるようがんばっていきます。
プロフィール

今 ここ シャンティ

Author:今 ここ シャンティ
2010年8月、大阪から熊野市紀和町和氣へ引っ越しました。
「地域おこし」という答えが無いようで、すべてが答えでもあるような活動を仕事にしてます。
自分の世界観で善悪を決めず、自然界のバランスを考えて行動できるようになりたいです。

記事一覧

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
http://stop-kaminoseki.net/
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。